Japan-Israel-community-network-Tokushima

日本イスラエル交流会徳島

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home

日本語で読むイスラエル 20190310-20190312

Eメール 印刷

2019.03.12に届いたニュースを掲載させて頂きます(松崎ヒロフミ)

 

★ Point ★

【10日】ガンツ氏の新党の人気に衰え
【11日】アッバス議長が新首相を指名
【12日】国民は平等だと大統領が発言

 

★2019年 3月10日(日)★

*ガザからまたロケット弾がイスラエルに撃ち込まれたが、空地に着弾して被害なし。国防軍はガザの数ヶ所を報復空爆し、「市民に危害を加えようとする試みには、厳しく報復する」と発表した。(P,H,Y)

*ハアレツ誌が行った最新の世論調査では、ガンツ氏とラピド氏の「青と白党」の人気がやや低下。まだリクードを上回っているものの、他の中道政党の人気も低迷。最大得票でも政権の構築は困難か。(H)

*リーバーマン元国防相が「ハマスへの徹底反撃を提案していたのに、半年以上にわたり首相らに反対されたので辞任した」と発言。(P)

*ガザでファタハ幹部のヒリス氏が銃撃を受けたとファタハが発表。ハマスの内務相は9日、二人の容疑者を逮捕したと発表した。(P)

*先週に米財務省がイラクのシーア派武装勢力ハラカット・ヒズボラ・アル・ヌジャバをテロ組織指定。イラクのシーア派武装勢力は激しく反発しており、米国を脅迫し、米軍のイラク撤退を要求した。(P)

*ドイツがISのテロ犯の国籍を剥奪したことを非難し、アンネ・フランク教育センターが「ナチスもユダヤ人を追放した」とツイート。多くの人々が「ホロコーストの教訓の誤用だ」と非難している。(P)

*米国のユダヤ人団体指導者らが、フランシス教皇と会談。教皇は、反ユダヤ主義が卑劣なヘイトであると語り、特にユダヤ教と共通の遺産を持つキリスト教徒の反ユダヤ主義は罪だと指摘した。(H,Y)

*今年6月、グアテマラで大統領選挙が行われる予定だが、イスラエル出身の実業家ファルヒ候補が有力。経済政策を強調している。(Y)


★2019年 3月11日(月)★

*自治政府のアッバス議長は、側近のシュタイエ氏を新首相に指名。「囚人や殉教者」の家族支援を優先するよう指示。ハマスは直ちに反対を表明。ガザ地区を切り捨てる動きだと、アッバス議長を非難。(P,Y)

*カタールのエマディ特使が昨夜ガザに到着したもよう。カタールの基金でガザの若者に仕事を与えるプロジェクトを視察するため。(P,Y)

*ヘブライ大学がネット上で行った世論調査で、エジプトと結ばれている平和条約が、イスラエルの安全保障に必須だとの意見が82%。エジプトへのシナイ半島の返還は適切だったとの意見も56%。(P)

*エルサレムで世界シオニスト機構が反ユダヤ主義に対抗する集会。これに合わせ、米国を含む世界60ケ所でデモや集会があった。(P)

*ネタニヤフ首相が、アラブ政党のティピ議員を敵視して「ビビ(首相の愛称)かティピか」と対立感情をあおっていることに懸念の声。急に注目されたティビ氏は、激しい政府批判で知られる人物。(Y)

*トルコで行われた国際女性デーの行進を警官隊が催涙弾などを使って鎮圧、強制解散。エルドアン大統領は、デモ参加者の女性らが、イスラム教の祈祷の呼びかけ(アザーン)を妨害して叫んだと非難。(P)

*改革派ユダヤ教のジェイコブス師が、西壁で先週に起こった「壁の女」と超正統派の衝突に懸念を表明。正統派以外のユダヤ教派を認めない正統派の態度を非難し、政府が国会で議論するよう要求した。(H)

*今年テルアビブで行われるユーロビジョン歌謡コンテストに出演するイスラエル代表に、マリイさんの「ホーム」が選ばれた。(H,Y)


★2019年 3月12日(火)★

*マンデルブリット司法長官が首相に、起訴前聴聞は7月10日前後になると通知。首相が当選した場合、政権構築の後となる。(P,Y)

*昨年12月13日、バス停にいた2人の国防軍兵士と乳児を殺害した3件の殺人容疑で、バルグティが軍事裁判所で起訴された。(P,Y)

*過去5年間で、武器売買は世界中で8%増加しておりイスラエルは世界8位でシェア3%。上位は米ロ仏独中で、シェアは75%。(P)

*5年前にテロで殺されたシャエルさんの両親が、イスラエルと離散地のユダヤ人を結ぶ優良なプロジェクト案に1万ドルを出すと発表。息子が殺された際、離散地のユダヤ人たちから励まされたため。(P)

*米国のユダヤロビーAIPACが、今月末に開催する年次外交フォーラムに講師として入植地の指導者レビビ氏らを招くことが判明。(P)

*ネタニヤフ首相が「イスラエルはユダヤ人だけのための国民国家」だと述べ、レゲブ教育相も「政権にアラブ人が入ると危険」だと述べたため、リブリン大統領がイスラエルの全国民は平等だと発言。(H)

*ヨルダンのアブドラ国王が米国を訪問し、ヨルダン大使館でポンペオ国務長官とクシュナー上級顧問らと中東問題について会談。(Y)

*エチオピア航空機がアディスアベバ付近で墜落した事故で、乗客名簿の中の2人のイスラエル人のうち1人の実業家の遺体を確認。(Y)

*1941年にバグダッドで発生したポグロムの犠牲者に、ホロコースト犠牲者に対する補償制度は適用できないと最高裁が判断。ナチスの影響はあったが別の事象であり、別枠の補償が適切だと判断。(H)

 

【情報源略号表】P=エルサレム・ポスト/H=ハアレツ/7=アルツ7/I=イスラエル・トゥデイ/Y=イディオット・アハロノット
( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

 

JEvents Calendar

先月 4月 2019 来月
week 14 1 2 3 4 5 6
week 15 7 8 9 10 11 12 13
week 16 14 15 16 17 18 19 20
week 17 21 22 23 24 25 26 27
week 18 28 29 30

Latest JEvents

イベントはありません