Japan-Israel-community-network-Tokushima

日本イスラエル交流会徳島

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home イベント活動(公開) חנוכה Hanukkah ハヌカー

חנוכה Hanukkah ハヌカー

Eメール 印刷

Hanukiah 八枝の燭台 1日ごとに蝋燭1本を灯していく

<Hanukkah ハヌカー>
ユダヤ暦Kislev月の25日から8日間行われるユダヤ教徒の祭り。
シリア王とのマカベア戦争(紀元前168~141年)に勝利し。
汚されたエレサレム神殿を清めて再び神に奉納したことを記念する.
八枝の燭台に毎夜1灯ずつろうそくをともし加えてゆく。
Fieast of Dedication Lights とも言う。


<Maccabees マカベア家>
ユダヤの指導者の一族で、ハスモン家の異名。
Mattathiasの息子たちとその子孫をいい、
紀元前167年から紀元前37年までユダヤを治めた。
特にJudas Maccabaeus とその兄弟たちをいう。


Maccabaeus ユダ・マカベア>
Juda or Judah. "the Hammer".
ユダス・マッカバイオス、ユダ・マカベア.
ユダヤの愛国者でマカベア家の軍事指導者.


<Hasmonean ハスモン家>
紀元前2~1世紀に大祭司や王としてユダヤを支配した一族


伝説>
昔、残忍な王Antiochusがエレサレムの町を占領した。
彼の命令で兵士たちは町の家々焼き払った。
何百人ものユダヤ人の男と女と子供たちを殺した。
兵士たちは神殿の中に入り神聖なものを全て奪い去った。
彼らは祭壇の前に立っていた大型の七枝の燭台「メノラ」を盗んだ、
以前には決してなかったことだが、それで燭台の灯は消えた。

王は、自分の国に戻っていったが、兵士たちはとどまった。
ユダヤ人たちに苦しみと哀れみをもたらした。
その侵入者たちは食料と水を神殿の中に持ち込んだ。
彼らは神殿の中で叫び、笑い、騒がしいゲームをして楽しんだ。
神殿はもはや、ユダヤ人たちが祈ることができるような平和で静寂な場所
ではなくなった。

国中のユダヤ人たちは、たいへん悲しんだ。
エレサレムの丘の下にある村の中に住んでいた一人の老人Mattathiasが、
彼一人だけが怒った。
彼は立ち上がって言った:
「世界の中で嘆いていても、悲しんでも我々の町、神殿は戻ってこない。
我々は彼らを追い払うために戦わなければならない。
長い時間がかかるだろう。我々は少ないし、彼らは多い。
しかし最後には我々が勝って、神殿は再び神聖になるであろう。」

Mattathiasは荒々しい山の中に入った。
彼の五人の息子たちと共に;
John
Simon
Judah the Maccabee
Eleazer
Jonathan
彼らは深い洞穴の中に隠れた、国の人々だけが知っている道を通って。
他の勇敢な人々がすぐに彼らに参加した。
彼らは、彼らが造った又は見つけた武器は何でも使って、敵と戦う準備をした。
彼らは、いつも突然に攻撃した。
昼も夜も不意打ちで、そして静かにすばやく巨大な岩や穴に消えた。

それからMattathiasは病気になった。
彼は死にそうになったことを知って、息子たちに言った:
「お前たちは一緒に戦いを実行しなければならない。しかし、Judah the Maccabeeをお前のリーダにしなさい。
子供のことから彼はいつも最強であった。そして今、全ての兵士たちが彼をThe Hammerと呼んでいるのを聞いた。
私は、神が彼の子孫を祝福すると信じる。
お前たちは勇気を出しなさい。私の息子たちよ、お前たちは兄弟であることを覚えておきなさい。」

Judah the Maccabeeは彼の父の手をとった。
「私たちは戦いを決してやめません」、彼は約束した、もう一度メノラのローソクが神殿の中で灯るようになるまで。」

Mattathiasの死後、敵はさらに多く強くなった。
数千人の兵士たちがあらゆる戦いに参加した、ある者は馬に乗り、あるいは象に乗り。
しかしJudah the Maccabeeと彼の人々は、巨大で奇妙な動物たちを恐れなかった。
長い2年間に彼らはライオンのように、国の上へ下へと戦った。
そしてある夜、星のない夜、彼らはエレサレムを包囲した。

Judah the Maccabeeは、その冬中、エレサレムの外側で陣を張った。
町の中に食料がなくなり、飲み水がなくなり、ローソクを灯す油が少なくなった時、
その日がやってきた。
これこそが、彼が待っていたその時であった。
彼は門を強襲した。
壁を壊し、敵を追い払った。

ユダヤ人たちは再び自由になった。
彼らは歌った。
しゅろの木の枝で波打った。
ハープやシンバルで喜んで音楽を演奏した。
そしてJudah the Maccabeeは笑った。
「さあ来い」、彼は言った、
「神殿を清め、もう一度美しくするために皆で一緒に働こう。」

彼らは、暗く汚れた神殿を上から下まで清掃した。
彼らはその大型メノラをもとに戻した、しかし彼らがそれに光を灯すときに、
彼らは十分にきれいで神聖な油を1日分しか見つけられなかった。
そしてJudah the Maccabeeは言った:
「神よ、お願いです。我々に時間を与えて下さい。
もっと多くの油を見つけるまで、その油が続きますように!
神殿の中に再びここにいるために、我々はとても長く戦い、とても困難であった。どうかその炎が燃え尽きませんように!」

神はその祈りを聞いた。
その炎は燃え尽きなかった。
それは8日間じっと燃え続けた、そしてその日までもっともっと明るく。
その時、ユダヤの国中の人々は全て、神殿に群がってやって来た。
彼らは、冬の闇の中で炎が踊っているのを見て不思議でいっぱいになった。
そしてJudah the Maccabeeは言った:
「我々はこの特別な8間を決して忘れてはいけない。
今からずっと、毎年この時に、
我々と、我々の子供たちと、我々の子供たちの子供たちと、年代を経てもずっと
"a joyful festival of lights"でもってそれらを思い出すであろう。」

暗い冬の夜のまさにこの日に、Judah the Maccabeeによってなされた約束を、
多くのユダヤ人の家族が守り続けている。
彼らは特別の燭台「ハヌキア」を取り出してきてそれを磨く、
そしてテーブルの上にあるいは窓のそばに置く。
8日の間、最初の星が現われるように、それらの全てが明々と燃えるまで、
彼らは一本のローソクに光を灯す。
彼らは炎を見つめて、
昔々、エレサレムの神殿の中で起きたあの偉大な奇蹟に感謝するのです。


<歴史>
聖書の外典(聖書の一部として数えられなかった書)の中に、マカベア書、Books of the Maccabee、があります。
マカベア書にはMaccabe家の歴史が記録されている(まだ読んだことはないが)。

ローソクの炎が8日間燃え続けたというこの奇蹟の伝説がマカベア書に
記録されているかどうかは知りません。
なぜ「8日間」なのかということについて、タルムードの中に、
これを話題にしたラビたちの議論があるという。

歴史的な事実として、エレサレムが占領された当時、
それはちょうどユダヤ人の祭であるスコットの時期、収穫の季節であった。
その年はユダヤ人がスコットの祭を楽しめなかった思いが残っている。
スコットの祭は聖書に明記されていますが、「8日間」楽しむ慣習です。
そんな思いがあって、神殿を取り戻した時それは冬の季節であったが、
ユダヤ人たちは解放感でスコットの祭を楽しんだ。
これが「8日間」となった伝説の根拠だそうです。

<関連する曲>

この有名なメロディはあなたも知っている♪
ヘンデルの作曲オラトリオ「マカデウスユダ」から「みよ勇者の帰れるを」です。
この曲名は「Judah the Maccabee」、「Judah Maccabaeus」からとってつけたとも言われる。

(MIDI=0.2kbyte)

 

参考:http://www2t.biglobe.ne.jp/~BokerTov/jewish/j_hanuka.htm

最終更新 2011年 7月 19日(火曜日) 20:27  

JEvents Calendar

先月 10月 2018 来月
week 40 1 2 3 4 5 6
week 41 7 8 9 10 11 12 13
week 42 14 15 16 17 18 19 20
week 43 21 22 23 24 25 26 27
week 44 28 29 30 31

Latest JEvents

イベントはありません