Japan-Israel-community-network-Tokushima

日本イスラエル交流会徳島

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく

剣山例大祭

Eメール 印刷

剣山本宮宝蔵石神社
剣山山頂大祭 7月17日頂上にてミコシ渡御
午前11時:ミコシ 当番=本沖組 橘本義美 午後:福餅投げ
頂上(呼出)電話 088-623-4533 松村宮司宅電話 0883-24-2287

01  02 03 04

05 06 07 08

大祓詞
おほはらひのことば
 

高天原に神留坐す。皇が親神漏岐神漏美命以
たかまのはらにかむづまります。すめらがむつかむろぎかむろみのみことも

ちて八百万の神等を。神集へに集賜ひ。神議り
ちてやほよろづのかみたちを。かむつどへにつどへたまひ。かむはかり

に議賜ひて。我が皇御孫命は。豊芦原水穂国を
にはかりたまひて。あがあすめみまのみことは。とよあしはらのみづほのくに

安国と平けく知食せと事依奉りき。此く依奉
やすくにとたひらけくしろしめせとことよさしまつりき。かくよさしまつ

りし。国中に。荒振神等をば神問はしに問賜ひ。
りし。くねちに。あらぶるかみたちをばかむとはしにとはしたまひ。

神掃ひに掃賜ひて。語問ひし磐根樹根立草の
かむはらひにはらいたまひて。こととひしいはねきねたちくさの

片葉をも語止めて。天の磐座放ち天の八重雲
かきはをもことやめて。あめのいはくらはなちあめのやへぐも

を伊頭の干別きに干別きて。天降し依奉りき。
をいづのちわきにちわきて。あまくだしよさしまつりき。

此く依奉りし。四方の国中と。大倭日高見国を。
かくよさしまつりし。よものくになかと。おほやまとひだかみのくにを。

安国と定奉りて下っ磐根に宮柱太敷立て。高
やすくにとさだめまつりてしたついはねにみやはしらふとしきたて。たか

天原に干木高知りて皇御抗命の瑞の御殿仕奉
まのはらにちぎたかしりてすめみまのみことのみづのみあらかつかへまつ

りて天の御蔭日の御蔭と隠坐して安国と平け
りてあめのみかげひのみかげとかくりましてやすくにとたいらけ

く知食さむ国中に成出でむ。天の益人等が過
くしろしめさむくぬちになりいでむ。あめのますひとらがあやまち

犯しけむ。種種の罪事は天つ罪国つ罪許許太
をかしけむ。くさぐさのつみごとはあまつつみくにつつみここだ

久の罪出でむ此く出では。天っ宮事以ちて天
くのつみいでむかくいでば。あまつみやごともちてあま

つ金木を本打切り末打断ちて。干座の置座に
つかなぎをもとうちきりすえうちたちて。ちくらのおきくらに

置足はして天っ菅麻を本刈断ち末刈切りて八
おきたらはしてあまつすがそをもとかりたちすえかりきりてや

針に取詳て天っ祝祠の太祝祠事を宣れ。此く
はりにとりさきてあまつのりとのふとのりとごとをのれ。かく

宣らば。天つ神は。天の磐門を押披きて天の八
のらば。あまつかみは。あめのいはとをおしひらきてあめのや

重雲を。伊頭の千別きに。干別きて。聞食さむ。
へぐもを。いづのちわきに。ちわきて。きこしめさむ。

国つ神は。高山の末短山の末に上坐して。高山
くにつかみは。たかやまのすえひきやまのすえにのぼりまして。たかやま

の伊褒理短山の伊褒理を掻分けて。聞食さむ。
のいぼりひきやまのいぼりをかきわけて。きこしめさむ。

此く聞食してば。罪と云ふ罪は在らじと科戸
かくきこしめしてば。つみといふつみはあらじとしなと

の風の天の八重雲を吹放つ事の如く。朝の御
のかぜのあめのやへどもをふきはなつことのごとく。あしたのみ

霧。夕の御霧を。朝風夕風の吹払ふ事の如く大
ぎり。ゆふべのみぎりを。あさかぜゆふかぜのふきはらふことのごとくおほ

津辺に居る大船を。舶解放ち値解放ちて。大海
つべにをるおほふねを。へときはなちともときはなちて。おほうな

原に押放つ事の如く彼方の繁木が本を。焼鎌
ばらにおしはなつことのごとくをちかたのしげきがもとを。やきがま

の敏鎌以ちて打払ふ事の如く遺る罪は在らじ
のとがまもちてうちはらふことのごとくのこるつみはあらじ

と。祓給ひ清給ふ事を。高山の末。短山の末よ
と。はらへたまひきよめたまふことを。たかやまのすえ。ひきやまのすえよ

り。佐久那太理に落多岐つ。速川の瀬に座す。瀬
り。さくなだりにおちたぎつ。はやかはのせにます。せ

織津比売と云ふ神。大海原に持出でなむ。此く
おりつひめといふかみ。おほうなばらにもちいでなく。かく

持出往なば荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の
もちいでいなばあらしほのしほのやほぢのやしほぢのしほの

八百会に坐す。速開都比売と云ふ神。持加加呑
やほあひにます。はやあきつひめといふかみ。もちかがの

みてむ。此く加加呑みてば気吹戸に坐す気吹
みてむ。かくかがのみてばいぶきとにますいぶき

戸主と云う神。根国底国に気吹放ちてむ。此く
どぬしといふかみ。ねのくにそこのくにいぶきはなちてむ。かく

気吹放ちてば根国底国に坐す。速佐須良比売
いぶきはなちてばねのくにそこのくににます。はやさすらひめ

と云ふ神。持佐須良ひ失ひてむ。此く佐須良ひ
といふかみ。もちさすらひうしなひてむ。かくさすらひ

失ひては。今日より始めて罪と云ふ罪は在ら
うしなひては。けふよりはじめてつみといふつみはあら

じと。祓給ひ清給ふ事を諸聞食せと申す
じと。はらへたまひきよめたまふことをもろもろきこしめせともうす。


剣山本宮 祓詞

掛巻も畏き伊邪那岐の大神築紫の日向の橘の

小戸の阿波岐原に御そぎ祓へ給ひし時に生り

ませる祓戸の大神等今日仕奉る先達講中等が

過犯せる罪けがれ有らむをば祓玉清玉へと申

すことを聞召せと恐恐みも白す


六根清浄大祓
ろくこんしゃうじょうのおほはらひ

天照皇太神の宣く人は則天下の神物なり須掌
あまてらますすめおほがみののたまはくひとはすなはちあめがしたのみたまものなりすべからく

静謐心は則神明との本主たり莫令心神
しづまることをつかさどるこころはすなはちかみとかみとのもとのあるじたりわがたましひをいたましむる

是故に目に諸の不浄を見て心に諸の不浄を不
ことこのゆへにめにもろもろのふじやうをみてこころにものもののふじやうをみ

見耳に諸の不浄を聞て心に諸の不浄不聞鼻に
ずみみにもろもろのふじやうをききてこころにもろもろのふじやうをきかずはなに

諸の不浄を嗅て心に諸の不浄を不嗅口に諸の
もろもろのふじやうをかぎてこころにもろもろのふじようをかがずくちにもろもろの

不浄を言て心に諸の不浄を不言身に諸の不浄
ふじやうをいひてこころにもろもろのふじやうをいはずみにもろもろのふじやう

を触て心に諸の不浄を不触意に諸の不浄を思
をふれてこころにもろもろのふじやうをふれずこころにもろもろのふじやうをおも

ひて心に諸の不浄を不想此時に清潔よき掲あ
ひてこころにもろもろのふじやうをおもはずこのときにきよくいさぎよきことあ

り諸の法は影と像の如し清く浄れば仮にも穢
りもろもろののりはかげとかたちのごとしきよくきよければかりにもけがるる

こと無し説を取ば不可得皆花よりぞ木実とは
ことなしことをとらばうべからずみなはなよりぞこのみとは

生る我身は則六根清浄なり六根清浄なるが故
なるわがみはすなはちろくこんしやうじやうなりろくこんしやうじやうなるがゆえ

に五臓の神君安寧なり五臓の神君安寧なるが
にござうのしんくんあんねいなりござうのしんくんあんねいなるが

故に天地の神と同根なり天地の神と同根なる
ゆえにてんちのかみとどうこんなりてんちのかみとどうこんなる

が故に万物の霊と同体なり万物の霊と同体な
がゆえにばんぶつのれいとどうたいなりばんぶつのれいとどうたいな

るが故に為所無願而不成就矣無上霊宝宝道加
るがゆえになすところのねがひとしてじやうじゆせずいふことなしむじやうれいほうしんだうか



剣山本宮祝詞

言巻も貴とき大剣山の底っ岩根に宮柱太敷立高
いはまくもとうときおほつるぎやまのそこついはねにみやばしらふとしくたてたか

天原に比木高知て鎮座ま丈掛巻も畏き建速須
まのはらにひぎたかしりてしづまりましますかけまくもかしこきたけはやす

佐廼雄尊安徳天皇古剣の嶽に鎮座ます大己貴
さのをのみことあんとくてんのうこづるぎのたけにしづまりましますおなむちの

命大山祇命大篠左右大神石古剣御末社三十五
みことおほやまずみのみことおほさささゆうだいじんせきこつるぎごまつしやさんじゅうご

社宝臓石湯津神社石凝姥命岩室神社鳴雷之神二
しやほうぞうせきゆづじんしやいしこりどめのみこといわむろじんしやなるいかづちのかみに

之森神社宇賀魂命同御末社十二神一之森神社
のもりじんしやうがのみたまのみことおなじくごまつしやじゆにしんいちのもりじんしや

大山祗命富地池海津見神社同御末社十八神枝
おほやますみのみことふじのいけわだつみじんしやおなじくごまつしやじうはちじんしば

折神社猿田彦命槙淵神社岡象女命三百八十余守
をりじんしやさるたひこのみことまきぶちじんしやみづはのめのみことさんびやくはちじゆうよまも

護神。総山五百八十御末社身滞川直日神社事
りのかみそうざんごひやくはちじゆうごまつしやみそぎがわなほひじんしやこと

代主神社両剣山祭神素徳男命大貴巳命等の大
しろぬしじんしやりようつるぎざんさいじんすさのをのみことおほなむちみことたちのおほ

御前をも慎み敬ひ祈白す事の状を平げく安げく
みまへをもつつしみうやまひいのりもうすことのさまをたひらげくやすらげく

聞召て家の内には柱神の荒び給ひ建び給ひ崇
きこしめしていへのうちにはまがかみのあらびたまひたけびたまひたた

り給ふ事なく産業は無弛事無怠事家門起さしめ
りたまふことなくなりはひはたゆむことなくおこたることなくいへかどおこさしめ

給ひ堅石に常石に命長く子孫の八十連に至る
たまひかきはにときはにいのちながくうみのこのやそつづきにいたる

迄茂八桑枝の如く弥益々に令立栄玉ひ過ち犯
までいかしやくわえのごとくいやますますにたちさかへしめたまひあやまちをか

す事の有むをば見直し聞直し坐て夜の守り日の
すことのあらむをばみなほしききなほしましてよのまもりひの

守りに恵み幸へ給へと宇自物頓根突抜て畏み
桃利に恵み先派へたまへとうじものうなねつきぬきてかしこみ

畏みも白す
かしこみももうす


剣山、夏スケッチ

さて、新居さん。
いよいよこの日の目的地、一ノ森の頂上にやってきました。
剣山の頂上からは、およそ40分の道のりです。

(山の景色)

(新居さん)「タロウギュウとジロウギュウ」

(新居さん)「ルールを守って楽しんでもらえたら」

この日は、頂上にある剣山本宮の夏祭りです。
頂上ヒュッテの庭ではみこしの準備が進んでいました。
剣山本宮の例大祭は山頂付近のクマザサの中を信者がみこしをかついで練り歩くみこし渡御が行われることで有名です。
今年は剣山講社のひとつ、那賀町の瑞穂組(みずほぐみ)が祭りを運営します。

(谷組長)「無事終えられるように…」

今年は日曜日と重なったこともあって大勢の人が剣山に登ってきました。

新居さんの経営する頂上ヒュッテもこの日が一年で最も忙しい一日です。

みこし渡御は源平合戦で非業の死をとげた安徳天皇の御霊(みたま)を沈めるため、毎年、7月17日に行われます。
まずは剣山本宮からご神体を神輿に移します。
これで祭りの準備は整いました。

ヒュッテの横をスタートしたみこしは急な斜面を登っておよそ300メートル離れた頂上を目指します。

普段は笹原の中を歩くことは許されませんが、この日だけは特別です。
およそ200人の信者が「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」を唱えながらクマザサの茂った草原を勇壮に進みます。

この日剣山を訪れたおよそ800人の見物客は信者と一緒に合唱したり、
さかんにシャッターを切ったりしながら剣山の夏祭りを満喫していました。

http://www.jrt.co.jp/tv/ohayo/2005/0802.htm



剣山山頂で例大祭

平成20年7月17日、西日本第二の高峰、剣山に夏の訪れを告げる剣山本宮の例大祭が行われました。

山頂付近で行われるこのお祭りは、白装束に身を包んだ信者が神輿を担ぎ、笹原の中を練り歩くものですが、この日は天候が悪く、濃い霧と、時折降る雨のため山頂まで向かうことができませんでした。

それでもたくさん訪れた信者の皆さんは「六根清浄」と唱えながら練り歩き、本宮と頂上近くの広場でお祭りを執り行いました。

画像1  画像2

お問合せ先 三好市産業観光部観光課 電話 0883-72-7620

http://www.city-miyoshi.jp/ezs/info.asp?id=1636



剣山に夏の到来告げる 例大祭で「みこし渡御」 (徳島)

剣山(1955メートル)に夏の到来を告げる剣山の例大祭が17日、開かれた。濃い霧が立ち込める中、白装束を着た信者がみこしを担ぎ、山頂を威勢よく練り歩いた。 午前11時、山に響き渡るホラ貝と打ち上げ花火の音を合図に、みこしが本宮を出発。信者約300人が、クマザサをかき分けながら、2本の綱でみこしを引き、約300メートル離れた頂上に向かった。 木道には約100人の見物客が陣取り、信者と一緒に「六根清...

http://www.edita.jp/88-tokotoko/one/88-tokotoko5190545.html



△がいっぱい

昨日の7月17日の剣山例大祭は雨天により御輿が上げられなかったそうですね。頂上ヒュッテで神主の祝詞、忌部一族の剣の舞い、加持祈祷などが行われたそうです。

あらあら、私が上らなくても雨だったわけで。
忌部は14日に剣山にからめて忌部神社にご挨拶申し上げたばかり。
行かなくて良かったのだと思いました。
剣山・剣神社の皆様、本当にお疲れ様でした・・・
来年はジンクス通りに晴れたらいいね^^

http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-608.html




 

最終更新 2010年 8月 26日(木曜日) 13:29  

JEvents Calendar

先月 5月 2018 来月
week 18 1 2 3 4 5
week 19 6 7 8 9 10 11 12
week 20 13 14 15 16 17 18 19
week 21 20 21 22 23 24 25 26
week 22 27 28 29 30 31

Latest JEvents

イベントはありません